Everscale助成金委員会の代表者にインタビュー

Everscale助成金委員会の代表者にインタビュー

EverKitチームは、Everscale助成金委員会代表のAnton Afanasyevにインタビューを実施しました。本記事では、インタビューでの質問に対する回答をご紹介します。

EverKit:助成金制度は継続されるのでしょうか?

Anton: プログラムは停止していません。私たちはまだ申請を検討していますが、アプローチが変わっただけです。しかし、この状況はEverscaleに限ったことではなく、他のネットワークの助成金プログラムの代表者と話をしたところ、ほとんどのプログラムは一時停止しており、私たちは選択的に助成金を支給しています。さらに質の高いコミュニティから見えるように、GitCoinやProjectGalaxyなどのサイトに助成金のためのタスクを配置することも視野に入れています。

EverKit:各助成の現在のステータスは、どこで見ることができますか?

Anton: 現在、Everscaleのウェブサイトでは、助成金プログラムに参加しているプロジェクトの一般的なリストを見ることができます。簡単な説明と、サイトやソーシャルネットワークへのリンクも含まれています。現在、Everscaleのウェブサイトとアジアでの投資活動を担当するチームと、助成金プログラムの動機について、より良い情報開示を行うための準備を進めています。プロジェクトの状況を広く公開することについては未定です。プロジェクトが製品化されるまで、その開発内容を公開することは、プロジェクトのマーケティング戦略に支障をきたす恐れがあるため、行っていません。たとえば、最近グラントに参加したあるプロジェクトは、基本的な発表や何らかの情報配信をするつもりがないことを表明しています。彼らは、ある瞬間からすべてを始める、これが彼らのマーケティングコンセプトです。ある程度の頻度で、助成金制度で何が起きているのかの概要を発表する予定ですが、エコシステムがどのような優先順位を持っているか、プロジェクトの準備がどのように変わるか、その価値観などの説明のレベルです。このようなレビューの頻度は、グラント内のトラフィックに依存することになります。

EverKit:すべての助成金が発表されたのですか?

Anton: Anton: はい。すでにすべての条件に合意しているプロジェクトもいくつかありますが、それぞれの事情でまだ公表できる状態にはなっていません。

EverKit:プロジェクト開発に関する質問のために、コミュニティは各助成先の連絡先を持つことになるのでしょうか?

Anton: はい。現在、サイト上の一般的な表示を変更しており、プロジェクトの連絡先やソーシャルネットワークが表示されるようになっていますが、もちろん、創設者の個人情報はありません。

EverKit:プログラムの最初の9ヶ月間について、どのようにお考えですか?何がうまくいって、何を変える必要があるのでしょうか?

Anton: 最初の数カ月で助成金に関して通過した段階は、チームにとって最初の実践的な経験であり、私たちが得た結果はポジティブなものでした。深く潜れば潜るほど、暗号資産ビジネスの誇大広告が、誰も書かないようなゲームの暗黙のルールにどれだけ依存しているかを理解することができます。それらをすべて解読したとき、私たちは一貫したクールなエコシステムを構築することになるでしょう。暗号資産凍結が始まって以来、ビジネスモデルや支援者へのサポートが明確でない多くのプロジェクトが開発を継続できなくなったため、あらゆる側面から事業の詳細な分析を行い、各分野の専門家を集めてリスクを評価することがいかに重要かを目の当たりにしています。

また、質の高い仕事をするためには、タスクのプールを形成することが必要です。Everscaleの開発には、全く異なるアイデアのプロジェクトがやってきますし、お金も無限ではありません。そのため充足は必要不可欠です。幅広く取り組むのは間違ったアプローチです。今は、Everscale のエコシステムにとって優先順位の高いプロジェクトを選択することに集中しています。Web 3.0コミュニケーション、GameFi、ランディング、オプションなどです。

助成金は、ハッカソンと同様、エコシステムの発展を促すためのツールに過ぎません。最終的には、Everscaleが直面している目標に近づくためのツールになるはずです。

EverKit:どのプロジェクトがすでにKPIを完了し、要求された金額を全額受け取っているのでしょうか?

Anton: EverKitチームだけが、要求額を全額受け取りました。現在、公式リストの中からさらに数件のプロジェクトの最終結果を受け付けています。不可抗力がなければ、全額を受け取ることができます。

EverKit:Everspaceは受け取らなかったのですか?

Anton:  私見ですが、彼らとは金銭的な関係はありませんでした。私たちは積極的に約束しましたが、ある瞬間、彼らは休んでしまったのです。

EverKit:あなたの意見では、現在取り組んでいるプロジェクトの中で、Everscaleに最も大きな価値を提供できるものは何でしょうか?

Anton: 私たちは、ビジネスを管理するファンドのようなことはしていません。そうでなければ、助成金を受け取ることはできなかったでしょう。

EverKit:期待を裏切るような助成金はありますか?そのようなプロジェクトの支払いには、どのように対処したのですか?

Anton: 現在のEVERのレートでは、決められた期間内に義務を果たすことができないと言ったプロジェクトがあります。我々は彼らを元気づけ、しばらく待つ覚悟があると言いました。GamePayプロジェクトとのパートナーシップを発表しましたが、それは一種の「先行パートナーシップ」で、チームの中にはこのプロジェクトが価値をもたらすと確信していた人もいましたが、結果的にプロジェクトはEverscaleで開発する準備ができていると我々に証明できず、パートナーシップは閉じられ、我々はそれに応じてお金を支払うことはありませんでした。

EverKit:助成金を申請したものの受け取れなかったチームの典型的な失敗例について教えてください。

Anton: ビジネスを行う上で、トレーニングが少ないという問題は誰にでもあります。ほとんどの場合、彼らはスタートアップです。アイデアレベルで何かを提供するチームがやってきて、コードの書き方だけ知っていることを示し、そのためのお金を要求するのです。この助成金制度は、ビジネスの発展を目的としています。弱気市場になると、生のプロジェクトが次々と閉鎖されていくのを目にします。プロジェクトは、少なくともチームが信じる戦略を持っていなければなりません。そして、チームはそのスピーチで私たちを勇気づけ、自分たちは合理的なやつらで、何をすべきかわかっていると思わせなければならないのです。

EverKit:助成金の手続きはどのようなものですか?

Anton: プロジェクトは、公式サイトのフォームに記入し、私たちはプロジェクトに関する基本情報を収集し、申請書の忠実なフィルタリングを行い、プロジェクトを面接に招待し、そこでチームは30分間でプロジェクトを発表します。その際、30分程度のプレゼンテーションを行い、その内容を聞いた上で、私たちが興味を持ったことを質問します。相互の関心が残っていれば、技術的なレビューを行い、チームがEverscaleでプロジェクトを実施するために必要なリソースを評価するのを手伝います。また、チームの歴史、感情的な背景、評判も評価します。そして、これらの段階でつまずきがなければ、マイルストーンのドキュメントを作成し、デリバリーステージ(機能的またはビジネス的)のようなものを記述していきます。そして、もう一度レビューを行い、問題がなければ、チームはプロジェクトに着手し、何か示すべきものがあれば、私たちに受諾の電話をかけます。私たちは、DeFiアライアンスの専門家の経験を共有し、財務、マーケティング、サポートに関する義務を果たします。

Everscaleを詳しく知る
SNSに登録し、最新情報を入手する
SUBSCRIBE ON SOCIAL