Everscaleに関する大規模な分析リサーチ 📑

Everscaleに関する大規模な分析リサーチ 📑

Messari分析プラットフォームは、Everscaleブロックチェーンに関する詳細な分析調査を発表しました。

1. この調査では、ブロックチェーンアーキテクチャの主要な特徴であるダイナミックシャーディングとマルチスレッドが、成長中のブロックチェーンゲームやステーブルコイン市場を含めて、このプロジェクトに優位性を与えていることが説明されています。

2. このプラットフォームはEverscaleの歴史に浸り、コミュニティが最初の1年半、エコシステムを成長させるための資金をうまく配備するのに苦労したことを指摘しています。Everscale FoundationとDeFi Allianceは、ネットワークの発展のための戦略を形成するために作られました。

3. トークノミクスブロックでは、著者は現在の年間インフレ率を約1.28%と表記しています。

- Everscale は最大 4000 人のバリデーターをサポートすることができます。
- 現在ネットワークには204人のバリデーターがいますが、ネットワークの0.75%以上を支配しているバリデーターはいません。
- 現在、ユーザーは合計$43Mのアセットをステーキングに置いています。

4. Broxusプロダクトに代表されるEverscaleのDeFiエコシステムは、NFTと同様、比較的新しいとされています。

5. 現在、財団とDeFi Allianceという複数の大規模な第三者機関を持ち、当初のサブガバナンス体制よりも効率的に成長のための資金を投入することが可能です。

6. EVER DAOによる分散型ガバナンスの原則が指摘されていますが、現在では8人の大口参加者のみが投票用トークンの90%近くを完全に保有しているという注意点があります。

7. Messariは、EverscaleがFree TONとしてローンチされてから長い道のりを歩んできたと総括しています。このプロジェクトは、数千万のTVLと1日平均約100 000のトランザクションを持つ成長中のDeFiエコシステムです。

8. SMFT、REMP、DriveChainが実装されれば、Everscaleは確かに素晴らしいコア技術スタックを持つことになります。しかしプロジェクト全体としての成功は、パートナーシップの成功とエコシステムへの投資額によって決まるでしょう。

🔗 英語で全文を読む

Everscaleを詳しく知る
SNSに登録し、最新情報を入手する
SUBSCRIBE ON SOCIAL
EverKit – All about Everscale
最初